日頃から水のトラブルに備えておこう

水道関係のトラブルは頻繁に発生するものではないため、起こってしまうと慌てる人が多いものです。

水のトラブルはキッチンの蛇口や温水洗浄便座、シャワー、排水管など水の流れる箇所ならどこでも発生しますが、中でも頻度が高いのがトイレとなっています。トイレはトイレットペーパーや排泄物など塊を流すため、「つまり」を起こしてしまう確率が高いためです。トイレットペーパーはゴルフボール7つ分程度なら問題なく流れていくとされていますが、このことはあまり知られていません。トイレはどんなものでも流れていくと思っている人が多いので、無茶な量を流してしまいがちです。

もし水のトラブルが起こってしまったら、まずはどの箇所で水漏れが発生しているかを確かめましょう。キッチンの蛇口の場合では、水を出すハンドル部分や水が出る吐き水口、そして水栓と壁の接合部分などが挙げられます。そしてトイレでは温水洗浄便座本体やストレーナーでのトラブルが多いです。水の垂れる速度を観察し、あまりに速い場合はすぐに対処する必要があります。

自分で修理できる場合もありますが、水のトラブルは専門的な知識や技術を要することが多く、自信のない人は修理会社に相談してみる方が良いと言えます。特にトイレの場合、温水洗浄便座には電気が通っており、内部構造を知らない人がむやみに分解するのはおすすめできません。水のトラブルで頼れるのは地元の水道会社や、CMなどで宣伝されている大手の水道会社になります。日頃から数社をピックアップしておき、相見積もりを取って一番安く修理できるところを決めるのも賢い方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *